住信SBIネット銀行カードローンの評判・審査内容・借り換え時の金利まとめ

住信SBIネット銀行が取り扱っている「ミスターカードローン」のポイントと、借り換え時に適用される金利について、詳しく紹介していきます。

 

>>「金利が低くておすすめ」のおまとめローンを見てみる

 

ミスターカードローンのポイント

融資可能額

10〜1,000万円(プレミアムコース)
10~300万円(スタンダードコース)
※いずれも10万円刻み

審査時間

最短即日

年率

変動金利 2.49~7.99%(プレミアムコース)
8.99~14.79%(スタンダードコース)

保証人・担保

不要

収入証明

不要(スタンダードコース) ※プレミアムコースで利用限度額が300万円以上の時は必要

在籍確認

電話連絡有

返済方法

毎月の約定返済(口座引落し)、随時返済(普通預金から振替、ATM)

(2016年10月1日時点)

 

借り換え時の金利はいくら?

ローンを借り換える際のポイントは、これまで借りていたローンと比較して、金利が安くなっているかどうかがポイントとなります。

 

ミスターカードローンにはプレミアムとスタンダードという2つのコースがあります。

 

これは、審査結果に応じて分類されるもので、申込者が選択することはできません。

 

それぞれ、金利には幅がありますが、適用金利は利用限度額によって異なり、条件を満たせば金利の引き下げを受けることが可能です。

 

以下に表を掲載しておきますので、利用限度額と合わせてチェックしてみてください。

 

プレミアムコース

利用限度額

基準金利(年)

条件を満たした場合

10万円以上~100万円以下

7.99%

7.39~7.89%

100万円超~200万円以下

6.39~6.99%

5.79~6.89%

200万円超~300万円以下

5.29~5.99%

4.69~5.89%

300万円超~500万円以下

4.99%

4.39~4.89%

500万円超~700万円以下

3.99%

3.39~3.89%

700万円超~900万円以下

2.99%

2.39~2.89%

900万円超~1,000万円以下

2.49%

1.89~2.39%

 

スタンダードコース

利用限度額

基準金利(年)

条件を満たした場合

10万円以上~100万円以下

14.79%

14.19~14.69%

100万円超~200万円以下

11.99%

11.39~11.89%

200万円超~300万円以下

8.99%

8.39~8.89%

(2016年10月1日時点)

 

金利引き下げの条件とは、下記のうちいずれかを満たしていると、基準金利より年-0.5%引き下げ。

  • SBI証券口座保有登録済であること
  • 住信SBIネット銀行の住宅ローン残高があること(フラット35を除く)

 

また、住信SBIネット銀行所定のSBIカードを保有し、かつ同社の口座を引き落とし口座に設定していると、基準金利より年-0.1%の引き下げを受けることができます。

 

所定のカードは下記のとおりです。

  • SBIレギュラーカード
  • SBIゴールドカード
  • SBIプラチナカード
  • SBIワールドカード

 

いずれの条件も満たしている場合は、合わせて年-0.6%の引き下げを受けられますので、より低金利で借りたい人はチェックしておいてください。

 

これらの金利を確認したうえで、設定したい限度額の金利が、現在借りているローンの金利よりも低ければ借り換えた方が支払い総額は安くなるため、速やかに手続きを行いましょう。

 

なお、一般的には消費者金融系のローンより、銀行系のローンの方がより金利が低いと言われています。

 

現在、銀行系以外でローンを組んでいる人は、一度銀行系ローンの審査申し込みをすることをオススメします。

 

審査申込み時に必要な入力項目

ミスターカードローンを利用するには、まず審査申込みをインターネットでする必要があります。

 

申し込む際に必要な入力項目は以下のとおりです。

  • ユーザーネーム
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 職業
  • メールアドレス
  • 選択するカード
  • ローマ字氏名
  • Visaデビット暗証番号
  • 現在の住まい(持家・借家・賃貸等)
  • 家族構成
  • 勤務先名
  • 部署・事業所
  • 勤務先郵便番号
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 業種
  • 勤務先従業員数
  • 雇用形態
  • 職種
  • 入社月日
  • 最終学歴の卒業年月
  • 前年度税込み年収
  • 保険証種別
  • 出向先の有無
  • 借入希望限度額
  • 資金使途
  • 現在利用中のローンの有無

 

仮審査の結果はメールで返信され、通過していれば勤務先への在籍確認を含む本審査に進みます。

 

なお、仮審査承認額が300万円を超えている場合には、本審査に進む前に収入証明書を提出することになります。

 

本審査に通過するとメールアドレスに連絡があり、カードが発行されます。

 

これ以降、WEBサイトまたは提携ATMから借り入れすることができます。

 

審査申込時に必要な書類

通常、カードローンでは本人確認書類の提示が必要ですが、ミスターカードローンの場合は特に提出を求めていません。

 

これは、ミスターカードローンの利用にあたっては同社の普通預金口座の保有が条件のなっているため。

 

普通預金口座の開設には運転免許証等、本人確認書類が必要となります(ローンと同時申込可能)。

 

また、収入を証明する書類については、スタンダードコース、またプレミアムコースで利用限度額が300万円を超えない場合は提出不要です。

 

300万円を超える場合には、以下の書類が必要となります。

 

給与所得者の場合
  • 源泉徴収票
  • 市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)
  • 確定申告書
  • 給与明細(勤続年数が1年未満で上記書類が取得できないとき)
  • その他住信SBIネット銀行および保証会社が認める収入確認書類

 

個人事業主および法人代表者の場合
  • 市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)
  • 確定申告書(付表付)
  • その他住信SBIネット銀行および保証会社が認める収入確認書類

 

ミスターカードローンのデメリット

ミスターカードローンは広告などでも低金利と紹介されていることが多く、実際2016年10月1日時点では基準金利2.49~7.99%と、確かにカードローンでもトップレベルの低金利です。

 

ただし、これはプレミアムコースを利用した場合で、スタンダードコースでは基準金利8.99~14.79%と標準的な金利となります。

 

さらに、申込者の側からコースを選ぶことはできず、審査によって銀行側から振り分けられるので、仮審査前にどちらの金利が適用されるのか確認することはできません。

 

つまり、借り換えを考えている人は、まず仮審査申し込みをして、どちらのコースとなるのか連絡をもらってから、借り換えるかどうかの判断をしなければならないということ。

 

即日審査にも対応しているので、時間はあまりかかりません。

 

ですが、事前にある程度金利が読める他のカードローンと比較すると、申込を躊躇してしまう要素になってしまいます。

 

さらに、ローン利用の条件として口座開設の必要があり、これには1週間程度かかります。

 

ですので、即日融資を希望する人には不向きです。

 

また、申し込みがインターネット経由のみとなっており、他のカードローンのように店頭で話を聞きながら申し込むということができないのも、デメリットのひとつです。

 

おすすめポイントまとめ

ミスターカードローンのメリットは、銀行系カードローンの中でもトップレベルの低金利。

 

プレミアムコースの審査さえ通れば基準金利は2.49~7.99%(2016年10月1日時点)で、さらに条件を満たせば最大で-0.6%の引き下げを受けること可能です。

 

実用面では、ATMを利用したキャッシングや返済時には手数料が発生しないのがうれしいところ。

 

利用可能な提携ATMも下記のように豊富です。

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • E-net
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行
  • VIEW ALTTE

 

ATMを使わずともインターネットを通じてリアルタイムでキャッシングができるという点も大きなメリットのひとつ。

 

さらに、申込時にVisaデビット付キャッシュカードを選択すれば、海外でのキャッシングも受けられるなどの特徴もあります。

 

申込から融資までは決してスピーディではありませんが、低金利やカードの使い勝手などは良好で、時間に余裕があって借り換えを考えている人にとってはオススメのカードローンです。

>>「金利が低くておすすめ」のおまとめローンを見てみる