クレジットカードでリボ払いをしているなら、カードローンに借り換えしたほうがお得ってホント?

 

クレジットカードのリボ払いは非常に便利なものですが、一方で誤った使い方をしてしまうと気づいた時には借金が膨れ上がってしまうこともあります。

 

実際、気軽にリボ払いを利用し続けた結果、債務整理しなければならなくなったという人も少なくありません。

 

この記事では、そんなリボ払いの結果苦しんでいる方に向けて、どうすれば借金を減らしていけるのか、その効率的な方法を紹介します。

 

まずはリボ払いの仕組みをしっかりと理解したうえで、借金ゼロに向けた対策を考えていきましょう。

 

>>リボ払いの借り換えならオリックス銀行。詳細を見てみる

 

リボ払いの怖いところを知っていますか?

いくらの買い物をしようと、月々の支払額は一緒。

 

支払いに関しては非常にわかりやすいため、毎月の返済プランが立てやすいのがリボ払いの良いところです。

 

ですが、それは買ったものをきちんと把握している状態での話。

 

危険なのは、月々の支払額が変わらないからと安心して、次々と買い物をしてしまうようなケースです。

 

例えば、あなたは毎月のカードの利用明細をチェックしていますか?

 

もし答えが「No」であればリボ払いを利用するのは避け、一括払いや分割払いを利用しておいたほうが無難です。

 

自分がカードでいくら使っているのか気づかないうちに、借入額が膨れ上がってしまっているというのがリボ払いで失敗する人の特徴。

 

いつの間にかカードの限度額いっぱいまで利用してしまい、さらに他のクレジットカードのリボ払いに手を出す…という負のループに陥ってしまいます。

 

また、金利手数料が年15%前後と、一般的なローンと比較して高めに設定されていることも負債を膨らませる要因のひとつ。

 

こうしたポイントから考えても、リボ払いは計画的に利用して返済をスムーズにこなせるクレジットカード上級者に向けた支払方法で、初心者は避けたほうが良い支払方法だということができます。

 

>>リボ払いの借り換えならオリックス銀行。詳細を見てみる

 

既にリボ払いをしてしまっている場合は?

とはいっても、すでにリボ払いの利用残高が膨れ上がってしまっている状態の方もいることでしょう。

 

先ほども書いたことですが、こんなとき絶対にしてはならないことは2枚目のクレジットカードを用意して、こちらでもリボ払いをするということです。

 

これは、何の解決にもならないうえに借金がかさんでいく悪手だと考えてください。

 

それでは、どんな対策が考えられるのか、ここでは2つの方法を紹介します。

 

月々の支払額を増やす

まずひとつめは、月々の支払額を増やしてしまうということ。

 

たいていのカード会社では、電話連絡することで支払額の増額に応じてくれます。

 

リボ払いで膨れ上がった支払い残高の内訳をきちんと精査すると、そのほとんどが金利手数料であることに気づくはずです。

 

この金利負担をできるだけ少なくするためには、「早く返す」というのが一番の方法です。

 

少額でも構いませんので、できる限り毎月の返済を増やすようにすることが、リボ払いの支払いから抜け出す近道となります。

 

同じ理由から、繰り上げ返済を積極的に利用することも良い手です。

 

一括で返済をしてしまう

もうひとつの方法は、支払を増やすのではなく、いっそ一括返済してしまうということです。

 

これなら、本来、その後にかかるはずだった金利手数料はゼロになります。

 

「返すお金があったら、はじめから返している。無いから悩んでいるんだ」という声が聞こえてきそうですが、無いのであれば借りてしまえばよいのです。

 

「それこそ借金のループだ」なんて思わないでください。

 

これは「借り換え」という理にかなった手法です。

 

例えば、住宅ローンを組んでいる人でも借り換えをすることが非常に多くなっています。

 

これは、最近の金利が非常に低水準なため、これまで借りていたローンを別のローンで一括返済し、借り換えることで総支払額が安くなるから。

 

ポイントは、当初の借り入れより「低金利なローンを選ぶ」ということです。

 

クレジットカードのリボ払いでは、金利は15%前後のことがほとんどですから、これより低い金利で借りられるローンを選べばよいということになります。

 

そして、そういった条件に合うローンは、意外なほど多くあります。

 

一括返済をするなら、低金利のカードローンもおすすめ

銀行や消費者金融がラインナップするローン商品は非常に豊富で、その中から金利が15%以下のものを探していけば良いのですが、商品が多いゆえに選ぶのに時間がかかるのが難点です。

 

上でも書いた通り、金利手数料は時間がたてばたつほど膨れ上がりますので、じっくりと悩んでいる時間はもったいないもの。

 

そこでおすすめできるのが、スピーディな借り入れが期待できる「カードローン」です。

 

カードローンにも銀行系の商品、消費者金融の商品と種類がありますが、特に銀行系のカードローンは低金利で、借り換えによって大幅に返済額を減らす効果が期待できます。

 

ただし、審査は比較的厳しいので、仮に落ちてしまったような場合は消費者金融系のカードローンで金利が15%以下のものに申し込みましょう。

 

これでも十分に支払総額を減らす効果があります。

 

まとめ

ついつい買い物をしてしまって膨れ上がったリボ払いの利用残高は、借り換えで一括返済すれば支払額を減らすことができます。

 

借り換え先に迷ったら、まずは銀行系カードローンの審査に申し込んでみましょう。

 

>>リボ払いの借り換えならオリックス銀行。詳細を見てみる

 

参考:

クレジットカードのリボ払いとは?

リボ払いとは、クレジットカードの支払方法の1種で、正確には「リボルビング払い」という名称です。

 

クレジットカードの支払には、翌月一括払い、ボーナス払い、分割払いといった方法がありますが、リボ払いはこれらと違い「毎月の支払額が一定に抑えられる」というところにメリットがあります。

 

リボ払いには大きく分けて「残高スライド方式」と「定額方式」があり、どちらを採用しているかはカード会社によって違います。

 

自分の持っているカードのリボ払い方式がわからないという方は、カード会社のホームページなどで確認しておくようにしましょう。

 

残高スライド方式とは?

残高スライド方式でも定額方式でも、「月々に返済する額が一定」というところは変わりません。

 

ただし、残高スライド方式の場合、カードの利用残高に応じて毎月の支払額が増減します。

 

言葉だと少しわかりにくいので、実際に残高スライド方式を採用しているクレジットカードを見てみましょう。

利用残高

リボお支払いコース金額

~20万円以内

5,000円

20万円超~

10,000円

 

上の表は、1,200万人以上の利用者を誇る人気クレジットカード、「楽天カード」のリボ払い時の支払金額です。

 

利用残高とは、支払残高、つまりカード会社に支払うべき残債ということ。

 

ざっくりといえば、借金の残額です。

 

楽天カードのリボ払いの場合、利用残高が20万円以内でいる限り月々の支払額は5,000円ですが、20万円を超えると10,000円の定額に切り替わります。

 

このように、利用残高に応じて月々の支払額が決まる方式を、残高スライド方式と呼びます。

 

定額方式とは?

一方の定額方式の考え方は簡単です。

 

利用残高が10万円だろうと20万円だろうと、月々の支払額が一切変わらないのが定額方式。

 

手数料支払いの考え方によって「元利定額」と「元金定額」に分類することができます。

>>「金利が低くておすすめ」のおまとめローンを見てみる