楽天銀行カードローンの評判・審査内容・借り換え時の金利まとめ

楽天銀行が取り扱っている「楽天銀行スーパーローン」のポイントと、借り換え時に適用される金利について、詳しく紹介していきます。

 

>>「金利が低くておすすめ」のおまとめローンを見てみる

 

楽天銀行スーパーローンのポイント

融資可能額

~800万円(10万円単位)

審査時間

即日~2営業日

年率

変動金利 1.9~14.5% ※2016年7月19日現在の適用金利

保証人・担保

楽天カード株式会社または株式会社セディナが保証、ただし同社が認めた場合は不要

収入証明

利用限度額300万円以下の場合、不要

在籍確認

電話連絡有

返済方法

指定口座からの自動振替、提携CDATMによる返済、インターネットによる返済

 

借り換え時の金利はいくら?

ローンを借り換える際のポイントは、これまで借りていたローンと比較して、金利が安くなっているかどうかがポイントとなります。

 

楽天銀行スーパーローンは変動金利を採用しており、タイミングによって金利は変わりますが、2016年7月19日現在での金利は1.9~14.5%となっています。

 

金利には幅がありますが、適用金利は利用限度額によって異なります。

 

以下に表を掲載しておきますので、利用限度額と合わせてチェックしてみてください。

 

利用限度額

基準金利(年)

800万円

1.9%~4.5%

600万円以上800万未満

3.0%~7.8%

500万円以上600万未満

4.5%~7.8%

350万円以上500万円未満

4.9%~8.9%

300万円以上350万円未満

4.9%~12.5%

200万円以上300万円未満

6.9%~14.5%

100万円以上200万円未満

9.6%~14.5%

100万円未満

14.5%

(2016年7月19日時点)

 

MY ONEネット特約会員になると、上記から-0.4%の金利が適用となりますが、現在、楽天銀行では特約会員の申込は受け付けていません。

 

これらの金利を確認したうえで、設定したい限度額の金利が、現在借りているローンの金利よりも低ければ借り換えた方が支払い総額は安くなるため、速やかに手続きを行いましょう。

 

なお、一般的には消費者金融系のローンより、銀行系のローンの方がより金利が低いと言われています。

 

現在、銀行系以外でローンを組んでいる人は、一度銀行系ローンの審査申し込みをすることをオススメします。

 

審査申込み時に必要な入力項目

楽天銀行スーパーローンを利用するには、まず審査申込みをインターネットでする必要があります。

 

申し込む際に必要な入力項目は以下のとおりです。

  • 名前、生年月日、性別
  • 郵便番号、住所、電話番号
  • 現在の住まい(持家・借家・賃貸等)、居住年数
  • 家賃または住宅ローン
  • 家族構成
  • 勤務形態
  • 勤務先名、所属部署、郵便番号、住所、電話番号
  • 勤務先従業員数、種別(上場・非上場等)、業種、職種、役職
  • 勤続年数、雇用形態、収入携帯、年収
  • 給料日
  • その他職業
  • 希望の利用限度額
  • 郵送物の送付先
  • 利用目的
  • 利用中のローン
  • メールアドレス
  • カードローン暗証番号
  • 支払口座
  • 返済日
  • カード到着前の借入希望額

 

審査の結果はメールで返信され、通過していれば勤務先への在籍確認があります。

 

その後、申込者へ電話での契約内容確認、必要書類の提出を経て、ローンカードが発行されます。
これ以降、インターネット、電話、提携CD・ATMから借り入れすることができるようになります。

 

楽天銀行スーパーローンは専業主婦やパート、アルバイトの方でも申込が可能で、専業主婦の場合は勤務先情報の入力は必要ありません。

 

審査申込時に必要な書類

申込時に必要な書類は、以下の通りです。

 

  • 楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(インターネット申込の場合は不要)
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート、その他楽天銀行が指定する本人確認書類のいずれかの写し)
  • 収入証明書類

 

収入証明については、利用限度額が300万円を超えない場合は提出不要です。

 

300万円を超える場合には、以下の書類が必要となります。

  • 会社勤務の場合、源泉徴収票・課税証明書・給与明細書のいずれかの写し
  • 自営者の場合、課税証明書・確定申告書のいずれかの写し

 

楽天銀行スーパーローンのデメリット

楽天銀行スーパーローンへの申し込みはインターネット経由のみとなっており、他のカードローンのように店頭や電話での申し込みには対応していません。

 

そのため、インターネットが苦手な人や、実際に対面で話をして情報を得たい人には不向きです。

 

また、申込条件として「満20歳以上62歳以下」とあり、「65歳以下」としているカードローンが多い中で、若干ではありますが対象年齢が狭く、定年直前の人は注意しなければならないポイントです。

 

審査については「最短即日〜2営業日」となっています。

 

これは即日審査に対応してくれることの多いカードローンの中では、スピード感に欠けます。

 

もちろん、「即日審査対応しくれました」という声もあるので、時間のない場合はあらかじめ審査時間について電話相談をしておくと良いかもしれません。

 

おすすめポイントまとめ

楽天銀行スーパーローンの最大のメリットは、上限額が高ければ1.9%という驚異の低金利で融資を受けることができることです。

 

最大でも14.5%ですので、金利の高い消費者金融系ローンからの乗り換えの選択肢としては十分検討に価するローンで、楽天銀行自身も借り換えやおまとめを考えている人に、積極的にスーパーローンを利用してもらおうとしています。

 

銀行系のカードローンは口座解説が条件のものも多いのですが、このカードローンは楽天銀行の口座を持っていなくても利用可能。

 

引き落とし口座は他行のものでもOKです。

 

再融資を受ける際の使い勝手もよく、下記の提携手しているATMでは借入手数料が無料。

 

  • ローソンATM
  • E-net
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

 

また、社員として働いている人だけでなく、他行では断られることの多い専業主婦やパート、アルバイトでも申込可能(60歳以下に限る)

 

メガバンクのカードローンと比べると若干、金利面では劣るかもしれません

 

ですが、消費者金融からの借り換えを考えていて他の銀行系カードローンの審査で落ちてしまったという人は、一度、楽天銀行スーパーローンの審査にチャレンジしてみましょう。

>>「金利が低くておすすめ」のおまとめローンを見てみる