プロミスおまとめローンの評判・審査内容・借り換え時の金利まとめ

プロミスのおまとめローンは今現在複数あるローンを一つにまとめることで毎月の返済負担額を軽くすることを目的としたローンです。

 

おまとめローンは総量規制の対象外なので年収の1/3を超える借換えも可能です。

 

現在貸金業者からの複数のローンを借入れされている方や総量規制における年収1/3を超える借入れがある方必見です!

 

このおまとめローンはカードローンなどのフリーキャッシングとは違って、資金使途は他の貸金業者からの借入金の返済に限ります。

 

現在複数の借入れがある方や総量規制における年収1/3を超える借入れがある方にオススメのローンとなっていますので当てはまる方は是非参考にしてみてください。

 

 

プロミス おまとめローンのポイント

融資可能額

~300万円

審査時間

最短即日

年率

年6.3%~17.8%

保証人・担保

不要

収入証明

必要

在籍確認

電話連絡有

返済方法

口座振替

 

 

借り換え時の金利はいくら?

プロミスのおまとめローンの金利は6.3%~17.8%となります。

 

同じ消費者金融の中のおまとめローンの金利に比べるとやや低い設定となっています。

 

貸金業法が2010年に新しく施行される以前は、貸付の上限金利は29.2%といまよりもはるかに高い設定でした。

 

新しい貸金業法になる前に借入れしている方は金利20%以上で現在も支払い続けている方もいるはずです。

 

まずはおまとめローンにすることによってどれくらい支払額が変わるのか見ていきましょう。

 

例えば、3社から以下のように借入れしている方を例にしてみます。

 

  1. 金利20%で借入高700,000円
  2. 金利20%で借入残高800,000円
  3. 金利18%で借入残高500,000円

 

合計3社で借入残高200万とします。

 

この場合5年の借入期間での月々の返済額は52,437円となります。

 

そこでプロミスおまとめローンを金利15.0%で借りるとすると同じ借入残高200万円で借入期間5年でも月々の返済額が48,000円に減らすことが出来ます。

 

毎月4,437円も支払額が軽減されて、総支払額は303,483円も減らせるということです。

 

借入残高が多ければ多いほど、金利の数%の違いで負担額は大きく変わってきます。

 

毎月決まった金額を返済していると一体金利をどのくらい支払っているのかわからなくなりがちですよね。

 

でも改めてこのまま支払っていくのと、おまとめローンで借り換えて支払っていくのを計算するとその差は一目瞭然です。

 

おまとめローンで金利の見直しをすることで毎月の支払額を減らして無理なく支払っていくのも良いです。

 

また、月々の返済額は今と変えずに支払期間を短くし早く完済に近づけるのも良いでしょう。

 

審査申込時に必要な入力項目

申込みから契約の流れを説明します。

 

プロミスおまとめローンはインターネットでの申込みは受け付けていません。

 

申込みは自動契約機またはお客様サービスプラザ(店頭窓口)でできます。

 

審査はその場で結果を聞くことが出来ますので、審査に通ればすぐに契約することができます。

 

そして、借換えした際の他社への残債はプロミスが振込してくれるので面倒な振込の手続きをする必要がありません。(振込手数料0円)

 

審査申込時に必要な書類

 

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転免許証の交付を受けていない方はパスポートまたは健康保険証+1点(例:住民票)が必要。

※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせて持参ください。

 

収入証明書

直近に発行されているものいずれか1点

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書・所得証明書
  • 給与証明書(直近2か月の+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は直近2か月の給与明細書を用意してください。

 

 

デメリット

おまとめローンのデメリットは資金使途が他の貸金業者からの借入金の返済に限定されているので、フリーキャッシングなどと違って追加で借入れすることができない点です。

 

あとは、フリーキャッシングであればインターネットなどのWeb上で申込みや契約を完結できるところが多いですが、このおまとめローンはインターネットでの申込みは受け付けていません。

 

ですから必ず自動契約機またはお客様サービスプラザ(店頭窓口)に足を運ばなければならない手間がかかります。

 

プロミスは他の消費者金融で対応している来店できない人のための郵送対応もしていませんので必ず来店が必要です。

 

おすすめポイントまとめ

おまとめローンの一番のおすすめポイントはやはり一つにまとめて計画的に返済していくことができることです。

 

具体的には以下のメリットがあります。

  • 毎月の返済額が軽減できる
  • 毎月の金利負担額が軽減できる
  • 返済日を毎月1回にできる
  • 段階的に借入残高が減少する

 

今現在、プロミスおまとめローンの金利よりも高い金利で他社から借入れされている方でしたらローンを1本化することで毎月の返済額や金利の負担が減るのは大きなメリットです。

 

さらに、複数から借入れしていて返済日や返済金額がバラバラで毎月の管理が大変だと感じている方も返済日を毎月1回にできるのでわずらわしい管理も必要ありません。

 

返済期日も5日、15日、25日、末日の中から自分の都合に合わせて選べます。
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関から口座振替による返済を希望される方は返済期日は5日となります。

 

クレジットカードのように毎月の返済日が決まっていて選べない場合、返済日が給料日前で厳しいと感じることもありますよね。

 

でもプロミスおまとめローンは自分の都合に合わせて返済期日を選べるので給料日後に設定すれば返済も安心して行えます。

 

そして、おまとめローンは総量規制の対象外とされるので年収の1/3を超える借入れも可能です。

 

なぜなら総量規制の目的が貸し過ぎ・借り過ぎを防止するための法律なので、利用者に一方的に有利な借換えは総量規制の例外となるからです。

 

通常でしたら年収300万円の方は100万円までしか借入れできません。

 

ですが、おまとめローンでしたら1/3の壁が関係なくなるので今ある借入れが年収の1/3を超えていたとしても借換えすることができます。

 

現在、借入残高が多ければ多いほど先の見えない支払でつらいと感じている方もいるのではないでしょうか。

 

ローンを一本化することで今より負担がぐっと減る可能性もあります。

 

一度プロミスのおまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>「金利が低くておすすめ」のおまとめローンを見てみる