息子が秘密で借金をしていた体験談

私は現在43歳の女性で、23歳の息子が1人います。

 

私はシングルマザーで息子を1人で育てあげてきたのですが、そんな最愛の息子が私に隠れて借金をしていました。

 

その時のお話をさせて頂きます。

 

息子と私はマンションに二人暮らしで、息子は高校を卒業して18歳から知り合いの伝で紹介してもらった場所で仕事をしていました。

 

私も仕事をしていて2人でなんとか生活をしていたのですが、息子が22歳の頃急に高そうなブランド品などを急に持つようになったのです。

 

私は息子にこんな高そうなブランド品を買うほど余裕のある給料はないのはわかっていたので、最初は不思議に思いました。

 

でももしかして欲しくて今まで少しずつ貯金していたのかもしれないし、友達から安く譲り受けたのかもしれないなどとくらいでそんなに深く考えていませんでした。

 

でもそれから毎週のようにブランド品が増えていくのです。

 

そして息子がよく夜に出かけるようになって、帰ってくるのは次の日の朝などと明らかに今までとは遊び方も変わったように思えました。

 

そんなある時に家に1本の電話が鳴りました。

 

「○○といいますが、○○さんのお母様でしょうか?」

 

それは私宛の電話で、衝撃の事実を知る事になりました。

 

この電話はサラ金業者からで、息子がお金を借金していて2ヶ月返済を怠っていて本人に連絡が取れなくて自宅に電話したとの事でした。

 

息子は金利が18%で50万円ほど借りていました。

 

それからまた違う業者からも電話がかかってきてわかったのですが、計3社から120万円借りていて返済をしていなかったのです。

 

私は息子が家に帰ってきてすぐに問い正すと、息子は白状しました。

 

欲しい物がいっぱいあって、出来心でサラ金でお金を借りたらすぐに借りれていつの間にか使ってしまったと。

 

そして、借りたお金が多くなって返すのが苦になって返せていないと言いました。

 

私はそれを聞いた時、その場で泣き崩れました。

 

なんでこうなる前に母親に1度相談してくれなかったのかと悲しい気分になったのです。

 

その日は色々と話あって、ちゃんと計画を立てて返済をしようという事になりました。

 

ただ厄介だったのが、息子が借りた3社のうち1社が違法な金利を要求してくる闇金業者だったのです。

 

他の2社には連絡を入れてこれからしっかり返済すると告げると納得してもらえたのですが、その闇金業者はそんな事はどうでもいいからすぐに返せと捲し立ててくるのです。

 

その日から毎日嫌がらせのように電話をかけられたりと、家まで押しかけられたりと大変な目にあいました。

 

始めは我慢していたのですが、近所の迷惑になるという事でこれはどうにかしないといけない思いました。

 

そこで知り合いの紹介で弁護士の方を紹介していただいて、その方が本当に色々としてくださってそれ以降は払わなくて済むようになったのと、嫌がらせもなくなりました。

 

そしてあと2社の借金を母親である私も少し協力して月々8万円ずつ返済しています。

 

あの闇金と違って金利も法内の安くはないですが普通の金利で、あと少しで完済できそうです。

 

息子が借金をしていたのはびっくりしましたが、それからはお金に対してしっかり考えるようになったみたいなのでよかったです。

 

私もそうですが、息子も借金は懲り懲りだと言っていました。

>>「金利が低くておすすめ」のおまとめローンを見てみる