【バンクイック】三菱東京UFJ銀行カードローンの評判・審査内容・借り換え時の金利まとめ

三菱東京UFJ銀行が取り扱っているカードローン「バンクイック」のポイントと、借り換え時に適用される金利について、詳しく紹介していきます。

 

>>「金利が低くておすすめ」のおまとめローンを見てみる

 

バンクイックのポイント

融資可能額

10万円以上500万円以内(10万円単位)

審査時間

最短30分(インターネット経由)

年率

1.8~14.6% 

保証人・担保

不要

収入証明

利用限度額200万円以下の場合、不要

在籍確認

電話連絡有

返済方法

自動支払いによる返済、ATMでの返済、振り込みでの返済

 

借り換え時の金利はいくら?

ローンを借り換える際のポイントは、これまで借りていたローンと比較して、金利が安くなっているかどうかがポイントとなります。

 

バンクイックは変動金利を採用しており、タイミングによって金利は変わりますが、2016年11月現在、表示されている金利は1.8~14.6%となっています。

 

金利には幅がありますが、適用金利は利用限度額によって異なります。

 

以下に表を掲載しておきますので、利用限度額と合わせてチェックしてみてください。

 

利用限度額

適用金利(年)

400万円超500万円以下

1.8%~6.1%

300万円超400万円以下

6.1%~7.1%

200万円超300万円以下

7.1%~9.6%

100万円超200万円以下

9.6%~12.6%

10万円以上100万円以下

12.6%~14.6%

 

これらの金利を確認したうえで、設定したい限度額の金利が、現在借りているローンの金利よりも低ければ借り換えた方が支払い総額は安くなるため、速やかに手続きを行いましょう。

 

なお、一般的には消費者金融系のローンより、銀行系のローンの方がより金利が低いと言われていますので、現在、銀行系以外でローンを組んでいる人は、一度銀行系ローンの審査申し込みをすることをオススメします。

 

審査申込み時に必要な入力項目

バンクイックを利用するには、まず審査申込みをインターネット、モバイル、テレビ窓口または電話でする必要があります。

 

バンクイックは三菱東京UFJ銀行の口座がなくても利用できるローンですが、インターネットで申し込む際は「口座なし」と「口座あり」で必要な入力項目が異なります。

 

「口座なし」の場合に必要な入力項目は、以下の通りでこれらの情報に沿って審査が行われます。

  • 職業
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 独身・既婚
  • 電話番号(自宅・携帯)
  • 保険の種類(社会保険、組合保険等)
  • 出向先の有無
  • 年収
  • 金融機関からの借入額
  • 返済方法、返済期日
  • カードの受取方法
  • メールアドレス
  • 自宅郵便番号、住所
  • 住居種類
  • 家賃・住宅ローン
  • 入居年月
  • 家族の人数、子供の人数

 

(会社勤めの場合、以下の項目も必要)

  • 勤務先名、郵便番号、住所、電話番号
  • 業種
  • 社員数
  • 入社年月
  • 所属部課
  • 役職
  • 仕事内容
  • 勤務形態
  • 収入形態
  • アンケート

 

 

「口座あり」の場合、店番号や口座番号、暗証番号を入力することで、あらかじめ銀行に登録されている内容の入力の手間がなくなります。

 

インターネットからの申し込みの場合、審査の結果はメールまたは電話で連絡が来ます。

 

審査に通過していれば、契約手続きを経てカードを受け取ることになります。

 

契約手続は郵送、FAX、テレビ窓口から選択可能。

 

郵送、ファックスの場合は後日カードが郵送されてきますが、テレビ窓口を利用すれば、その場で契約手続をしてカードを受け取ることができます。

 

審査申込時に必要な書類

申込時には特に書類は必要ありません。

 

審査通過後、契約手続時に必要な書類は以下の通りです。

 

  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポート・個人番号カードのいずれか1点)
  • 200万円を超える申込の場合、収入証明書(源泉徴収票・住民税決定通知書・納税証明書その1、その2・確定申告書第1表、第2表のいずれか1点)

 

バンクイックのデメリット

利用限度額最大800~1000万円という商品もある銀行系カードローンの中で、バンクイックの利用限度額は500万円までとなっています。

 

借り換えに関しては、既に500万円以上他社から借りているような場合には使いにくいカードローンということになります。

 

また、銀行系のカードローンでは、口座を持っていればネットキャッシングが利用可能なものも多くありますが、バンクイックはこれに対応しておらず、借入は基本的にATMを利用することになります。

 

人によっては、こうした点を不便だと感じるケースもあるでしょう。

 

口座を作らなくても利用できる点はバンクイックの長所なのですが、一方で口座がないと口座振替返済を利用することができず、返済のたびにATMを利用することになります。

 

なお、バンクイックの場合、口座振替は三菱東京UFJ銀行の口座のみが対象で、他行の口座を指定することはできません。

 

即日融資もバンクイックのメリットのひとつですが、これはテレビ窓口を利用することが条件のため、近くにテレビ窓口がない場合は即日融資を受けられない点にも注意が

 

おすすめポイントまとめ

デメリットのところでは少し悪い評価をしましたが、テレビ窓口を利用しなければならないとはいえ、即日融資が受けられるのは銀行系カードローンとしては大きな魅力のひとつです。

 

テレビ窓口は全国に627台あり、平日15時以降でも対応してくれますので、昼間忙しい方でも申込しやすく、融資まで最短40分となっています。

 

なので、今借りている先の引き落とし日が迫っている等、急いでローンを借り換えたいと考えている人にも有効です。

 

ただし、テレビ窓口自体は平日15時以降や土日にも開設されていて申込ができるのですが、仮審査時には勤務先への在籍確認が必要なため、時間帯等の状況によっては即日融資ができない場合もあります。

 

なお、在籍確認は銀行名を名乗ってかかってきます。

 

また、即日融資希望の場合、テレビ窓口に運転免許証を持っていくことを忘れないでください。

 

他の本人確認書類ではカードの受取ができません。

 

借入・返済には三菱東京UFJ銀行のほか、E-net・セブン銀行・ローソン・Patsat・ゆうちょ銀行・VIEW ALTTE・JAバンク・イオン銀行のATMも利用でき、ATM利用手数料は0円です。

 

金利も1.8~14.6%と消費者金融系のカードローンと比較すると低く、専業主婦(主夫)や学生でも申込可能。

 

借り換えを急いでいる方で三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口が近くにあるという人は、選択肢のひとつに入れておきたいカードローンです。

>>「金利が低くておすすめ」のおまとめローンを見てみる