アイフルかりかえMAX・おまとめMAXの評判・審査内容・借り換え時の金利まとめ

 

アイフルのかりかえMAXとおまとめMAXは貸金業者からの借入れ債務に限り借換えすることができるおまとめ専用のローンです。

 

現在複数の借入れがある方がローンを1本化することで月々の返済金額や金利の負担を減らすことができるメリットがあります。

 

現在複数のローンがあって高い金利で支払いがしんどい・・・少しでも負担を軽くする方法はないのか・・・と感じている方は是非一度参考にしてみてください。

 

「かりかえMAX」はアイフルを初めて利用される方のおまとめローンで、「おまとめMAX」はアイフルを利用したことがある方向けのローンとなります。

 

今回はアイフルのかりかえMAX・おまとめMAXのおすすめポイントや金利についてご紹介します。

 

※申込後のお電話で、かりかえMAX・おまとめMAXを利用したい旨を伝えてください

 

アイフル かりかえMAX・おまとめMAXのポイント

融資可能額

1万円~500万円

審査時間

最短即日

年率

かりかえMAX 年12.0%~17.5%
おまとめMAX 年12.0%~15.0%

保証人・担保

不要

収入証明

必要

在籍確認

電話連絡有

返済方法

口座振替

 

※申込後のお電話で、かりかえMAX・おまとめMAXを利用したい旨を伝えてください

 

借り換え時の金利はいくら?

アイフルを利用するのが初めての方向けの「かりかえMAX」の金利は年12.0%~17.5%となります。

 

上限金利が17.5%というのは、他の消費者金融のおまとめローンと大差はありません。

 

消費者金融の金利なので決して低い金利とは言えないです。

 

しかし、2010年の新しい貸金業法が施行される以前の金利で借入れている方は20%以上の金利で支払っている方もめずらしくありません。

 

そうなると例え上限金利の17.5%で借換えしたとしても今より支払額を減らすことが可能です。

 

次に今までにアイフルを利用したことのある方向けの「おまとめMAX」の金利を説明します。

 

こちらの金利は年12.0%~15.0%となります。

 

上限金利が15.0%というのは、銀行のカードローンなどの金利と遜色ありません。

 

他社の消費者金融と比べても上限金利15.0%は低い設定となっていますのでとてもオトクにおまとめできます。

 

金利が15%となれば、現在複数の貸金業者からの借入れしている金利よりも安くなるケースの方が多いでしょう。

 

とても魅力的な商品と言えます。

 

例えば、借入残高が200万円ある方が貸金業法改正前の金利年20%で7年返済しているとします。

 

その場合毎月の返済額が44,412円で総返済額が3,730,641円となります。

 

それをかりかえMAXの上限金利17.5%で借換えすると、毎月の返済額が41,452円になって、総返済額が3,481,933円となります。

 

おまとめMAXの場合の上限金利15%で計算すると、毎月の返済額が38,594円で総返済額が3,241,855円となります。

 

金利自体は数%の違いでも元金が多くなればなるほど金利の負担額が多く違いは一目瞭然です。

 

金利20%で支払い続けるのと、15%に借り換えて支払続けるのでは上記の場合でも約50万円も支払額が変わるのです。

 

審査申込時に必要な入力項目

申込みから契約の流れを説明します。

 

アイフルのかりかえMAX・おまとめMAXのお申込みはインターネットで申込みができます。

 

その後審査結果の連絡が来て審査が通れば契約となります。

 

契約後は来店か、郵送で手続きが必要ですのでインターネットで完結することはできません。

 

インターネットでの申込みの際、入力する項目は以下の通りです。

 

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先名
  • 勤務先郵便番号
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 税込み年収
  • 他社お借入れ件数
  • 借入れ名称
  • 借入残高
  • 契約利率
  • 各回返済金額
  • 借換え希望をするか否か
  • 希望金額
  • 申込み結果連絡方法
  • 申込み結果連絡時間
  • その他質問・要望等

 

審査申込時に必要な書類

  • 本人確認書類
  • 他社借入れ条件などの確認ができる書類
  • 厳選徴収票等収入を証明する書類

 

※申込後のお電話で、かりかえMAX・おまとめMAXを利用したい旨を伝えてください

 

デメリット

かりかえMAXのデメリットは金利の設定がおまとめMAXに比べると高いことです。

 

アイフルを利用したことがない方でしたらどうしようもありませんが、この金利ですと競合他社が複数ある中で特別なオトク感は感じられないかもしれません。

 

あとは、申込み自体はインターネットでできますが、審査結果が出た後の契約の際は必ず来店または、郵送でやりとりしなければならない手間がかかります。

 

ですからその分融資を受けるまでに時間がかかる点ではデメリットと言えるでしょう。

 

おすすめポイントまとめ

アイフルのかりかえMAX・おまとめMAXの一番のおすすめポイントは、複数の借入れを一本化し、低い金利で借り換えることによって月々の返済額・金利の負担額が軽減することができるところです。

 

もちろん、複数の借入れではなく、他社1社のみ利用されている方も借換えすることで返済負担を減らすことが出来ます。

 

借換えローンやおまとめローンは総量規制の対象外となりますので、年収の1/3に縛られることなく借りることが出来ます。

 

なぜ消費者金融であるのに総量規制の対象外になるかというと、利用者にとって一方的に有利になる借換えであれば例外とされているからです。

 

そして、今までアイフルを利用したことのあるユーザーの方でしたら金利が低いおまとめMAXが利用できるのも大きな魅力の一つです。

 

おまとめMAXの上限金利は15.0%です。

 

これは銀行のカードローンと遜色ない金利ですので、消費者金融の競合他社と比較してもかなり安い設定です。

 

だから、おまとめすることで大きく返済の負担を減らせる可能性があります。

 

また、消費者金融の競合他社の貸付金額の上限が300万円であることが多い中、アイフルの上限貸付金額は500万円までとなっています。

 

上限貸付金額が300万円でしたら、現在300万円を超える借入れがある方はすべてをまとめることが出来ず結局支払いの一本化ができないということもあり得ます。

 

でも500万円まで貸し付け可能であれば現在他社で複数の借り入れをおまとめするのに十分な金額ではないでしょうか。

 

複数あるローンを1本化することで返済日も毎月1回になります。

 

複数の会社から借入れしていて、月に何度も振込みしていた方にとっては返済日が月1回になるということは手間が減るメリットもあります。

 

毎月の返済額を少しでも減らしたい方、年収の1/3以上の借入れがある方はアイフルに一度気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

 

※申込後のお電話で、かりかえMAX・おまとめMAXを利用したい旨を伝えてください

>>「金利が低くておすすめ」のおまとめローンを見てみる